鶉言

プロフィール

メゾンドヴァン鶉亭

Author:メゾンドヴァン鶉亭
京都鴨川のワインダイニングです

最新記事
カテゴリ

「 今月のおすすめワイン 」

アンリ・グージュ

★3月のお勧めボトルワイン

NUITS ST-GEORGES.Clos des Porrets St-Georges '09 (Henri Gouges) ¥ 20,000
ニュイ サン ジョルジュ クロ デ ポレ サン ジョルジュ (アンリ グージュ)

 「ニュイ・サン・ジョルジュ」村で忘れてはいけない造り手が「ドメーヌ・アンリ・グージュ」です。低収量型品種のクローンを作る名人でもありました創設者の故“アンリ・グージュ”は、原産地呼称制度の誕生と発展にその生涯をかけた人物でもありました。
1930年代まではこの村を含め「ブルゴーニュ」全土におきまして、偽者ワインが横行し、「ローヌ」産のワインまでもが高名な村名をまとったボトルに化けていました。ワインは樽で売買されるのが商慣行で、それから先の品質は良くも悪くもネゴシアンに委ねられていたのです。そうした事態に対し、悠然と立ち向かったのが、「ヴォルネ」村の“マルキ・ダンジェルヴィーユ”氏や“アンリ・グージュ”氏でした。彼らは本来の生産地をラベルに記載することを重視、商人(ネゴシアン)の手を離れ、自らワインを瓶詰めする事を決意します。これが「ドメーヌ元詰」の誕生となります。大恐慌により普通でもワインが売れなくなっていた経済状況において、1933年、“アンリ”は最初の元詰めワインを売り出します。こうした英断により、今日、我々がまがい物を掴まされずにすんでいるのです。
彼は1920~30年代の不況下、土地の価格が低落して数多くのブドウ畑が売りに出される中、最良の区画を次々と買収してドメーヌの基盤を築いていきます。「サン・ジョルジュ」地区を中心とした優れた一級畑から生み出されるワインは、その功績と共に、「ニュイ・サン・ジョルジュ」の指標と称えられていました。
1967年、“アンリ”の死去により、二人の息子が引き継ぐことになりますが、残念なことにその評価は激変、酷評にさらされるようになります。先代の偉大なる実績にアグラをかいた結果といえるのでしょうが、1980年代後半からは、それぞれの息子(従兄弟同士)が仕事を分担してドメーヌを切り盛り。低迷した時期を、“ピエール”(栽培担当)と“クリスチャン”(醸造担当)が立て直しに成功したのです。
数々の優れた1級畑を所有する“グージュ”家ですが、中でもこの「クロ・デ・ポレ」は、同家が誇るモノポール、自然とワインの造りにも力が入ります。3.5ha、平均樹齢30年ですが、区画の一部は樹齢70年、若木とのアッサンブラージュによって、良いバランスが生まれます。「エレガンスと洗練」を身にまとう珠玉の1本でございます。リッチなタンニンと自然の葡萄の甘みが感じられる豊かな味わい。しっかりとしたストラクチャを持ち、実に濃厚、フィニッシュに上品なスパイスを感じます。一般的な「ニュイ・サン・ジョルジュ」よりスタイリッシュな印象を受けますが、はっきりとしたストラクチャが主張する、南部「ニュイ・サン・ジョルジュ」の魅力的なキャラクターを十二分に表現しています。
ようやく春の暖かさを感じ始めました3月の美食の会の主役としてスターターとして、是非、お楽しみくださいませ!!。

(2017.3.01[WED])

「 比叡山・雪景色 」

比叡山

前回の「立春」の陽光とは裏腹に、今年「第2弾」の寒波に見舞われた今日、2階の鴨川側の部屋から撮った写真は、今年数回目の「比叡山の雪景色」です・・・この寒さもこの後一週間程続く予報で、来週末には「最高気温」も10℃を超えて、ようやくの「春の訪れ」を感じさせてはくれるようですが・・・まだまだ「油断」は禁物です・・・!!

(2017.2.10[FRI])

「 立春 」

立春

今日、2月4日は「二十四節気」の一番目の「立春」で、ここ何日か続いた寒さも和らぎ、日中はいかにも「初春」と言う暖かさでした・・・写真でご覧頂いてる様に、鴨川畔も大勢の人の出でした・・・ここの所目立つのが和服姿の女性の数人連れで、申し合わせた様に「自撮り棒(セルカ棒)」を持って、人混み構わず撮りまくってます・・・隣国の旅行者の方たちで、丁度「春節」の今、消費の傾向も「爆買い」から「体験型」へと移行しているようです・・・。

(2017.2.04[SAT])

「 八角蓮・その後 」

八角連

前回の「発芽情報」から一週間後の「八角蓮」です・・・すくすくと成長してます。今後、細い茎は間引いてあげて、3本立てにしていきます・・・最初に芽吹いた茎の根元にもう一本、顔を覗かせていて、バランス的にも良い配置になっていきます・・・。

(2017.2.03[FRI])

「 今月のおすすめワイン 」

ペロ・ミノ

★2月のお勧めボトルワイン

NUITS ST-GEORGES.La Richemone V..V  (Perrot Minot) '00   ¥ 30,000
ニュイ サン ジョルジュ ラ リシュモーヌ V.V (ペロ ミノ)

「ドメーヌ・ペロ・ミノ」は、1973年に「ドメーヌ・アルマン・メルム」がふたつに分かれて誕生しました。もう一方は道路を隔てて対面に位置する「ドメーヌ・トープノ・メルム」です。
90年頃までワインの大半は桶売りされ、ドメーヌの評価もさほど高くはなかったのですが、現当主の“クリストフ・ペロ・ミノ”が修業から戻り、ワインを手がけるようになってこのドメーヌは一気にブレークしました。
あの「ブルゴーニュ」ワインの神様、“アンリ・ジャイエ”の薫陶を受けた“クリストフ”のワインは、香り高く果実味豊かで、若いうちから楽しめるスタイルです。ほどなくして、ワインは全量ドメーヌ元詰めとなったのも当然なのでしょう。
その後も破竹の勢いは止まらず、2000年には引退を宣言した「ヴォーヌ・ロマネ」村の「ドメーヌ・ペルナン・ロサン」のブドウ畑を入手。もともとの「ジュヴレ・シャンベルタン」や「モレ・サン・ドニ」、「シャンボール・ミュジニー」に、「ヴォーヌ・ロマネ」や「ニュイ・サン・ジョルジュ」のクリマが加わり、ラインナップが驚くほど充実しました。
ブドウ栽培は化学合成肥料や除草剤を使わないリュット・レゾネ。ドメーヌの所有するブドウ畑は押し並べて樹齢が高く、クリマによっては100年を超えるものもございます。
自然に収量は抑制されますが、収量増が見込まれる年には摘房によってひと株あたりの房の数を6〜7に調整しています。収穫はすべて手摘みで行い、畑で1度目の選果を実施。小さな籠で運ばれたブドウは選果台におかれ2度目の選果を行います。そしてすべての房を2つに切り、中心の隠れ腐敗や未熟な顆粒の有無を厳格に確認した上で完璧なブドウのみを残すという徹底ぶり。また、使用するブドウは顆粒の大きさまで管理しており、テロワールを最も表現するといわれる樹齢の高い樹から成る極小ブドウ(=ミルランダージュなど)のみを残します。除梗はヴィンテージにより50〜100%。14度で10日間の低温マセレーション後、自然発酵が始まり、醸しは優しくルモンタージュを主とし、ピジャージュの頻度は少なめ。樽熟成はヴィンテージにより12〜14ヶ月と比較的短く、「トロンセ」、または「ベルトランジュ」のオークからなり、焼き加減はミディアムです。新樽率は村名で20%、1級、特級で30%です。
90年代の「ドメーヌ・ペロ・ミノ」のワインは現在よりも濃厚かつ樽香も強かったのですが、ルモンタージュ主体のやさしい抽出や新樽率の低下と熟成期間の短縮によって、よりナチュラルなスタイルへと進化してきました。
今回ご紹介の「ニュイ・サン・ジョルジュ・ラ・リシュモーヌ」は通常のキュヴェのほか、1902年植樹と樹齢70年以上のブドウのみを用いた2002年初リリースの「キュヴェ・ウルトラ」があります。僅か2樽、約576本のみ造られます。
「ラ・リシュモーヌ」の区画は、「ヴォーヌ・ロマネ」と地続きの斜面であり、「ヴォーヌ・ロマネ」と土質構成が似ています。「オー・ミュルジェ」や「レ・ダモード」に隣接するように位置し小さな畑ながらも、生み出されるワインはプルミエ・クリュとしては群を抜くものです。
途方もなく凝縮し、深く、分厚く、幾重にも折り重なった果実の層が、圧倒的なパワーを持ちます。古樹から造られている為、エレガンスも感じられ、背後にはたっぷりとミネラルが感じられます。さらにペッパーのようなスパイスとバニラの甘い風味が同時にせめぎ合いコクとボディのあるワインをより複雑にしています。
トップドメーヌが作る古木の熟成ワインを是非、お楽しみくださいませ!!!。


(2017.2.01[WED])


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR