鶉言

プロフィール

メゾンドヴァン鶉亭

Author:メゾンドヴァン鶉亭
京都鴨川のワインダイニングです

最新記事
カテゴリ

「 今月のおすすめワイン 」

エスモナン

★10月のお勧めボトルワイン

GEVREY CHAMBERTIN.Lavaux St Jacques '09 (Frederic Esmonin) 25,000
ジュヴレィ シャンベルタン ラヴォー サン ジャック (フレデリック エスモナン)

当主は“フレデリック・エスモナン”ですが、足の悪い“フレデリック”に代わり、「オスピス・ド・ボーヌ」で栽培や醸造に従事していた父の“アンドレ”がワイン造りをとりしきっております。
“アンドレ”の兄は“ミシェル”であり、つまり「フレデリック・エスモナン」と「シルヴィー・エスモナン」は従兄妹同士のドメーヌというわけになります。
“アンドレ”がドメーヌを立ち上げたのは70年代ですが、ワインは全量、「ルイ・ジャド」や「ジョゼフ・ドルーアン」、「ルロワ」などのネゴシアンに桶売りしていました。1988年に“フレデリック”の代になって、ようやくドメーヌ元詰めを始めたというわけです。
現在、ドメーヌの規模は5.26ha。2010年ヴィンテージから加わった「コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ」(畑はコンブランシアン)を例外として、「ジュヴレィ・シャンベルタン」に特化したドメーヌといえます。特級は「マジ・シャンベルタン」と「リュショット・シャンベルタン」に区画をもっています。
以前は「グリオット・シャンベルタン」も手がけていましたが、メタイヤージュ(折半耕作)の期限が切れ、手放してしまったのが残念です。
一級畑は「エストゥルネル・サン・ジャック」、「ラヴォー・サン・ジャック」、「シャンポネ」とよいクリマを揃え、村名「ジュヴレィ・シャンベルタン」のヴィエイユ・ヴィーニュは樹齢60年の木からなるということです。
造りは100%除梗。低温マセレーションを4日ほど行い、最高32度の温度で2週間の発酵。樽熟成期間は14ヶ月ですが、新樽率は一級以上で100%、「ジュヴレィ・シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ」が40%。村名は10〜15%。
今回ご紹介の「ジュヴレィ・シャンベルタン・ラヴォー・サン・ジャック」は一級畑の中でも、「クロ・サン・ジャック」や「コンブ・オー・モワンヌ」等と並び、特級にも匹敵すると評される偉大な畑です。「コンブ・ド・ラヴォー」(ラヴォーの谷)の入り口にある1級畑で、南向きで日照量が多いものの、谷から吹く風により気温が抑えられ、冷涼な気候を生かした引き締まった味わいのバランスに優れた深みのあるワインが生れます。
輝きのあるルビー色。ラズベリー、赤スグリなど赤い果実を主体にダークチェリーなど黒い果実も、そこにモカやビターチョコレート、燻製した肉の香りも少々加わります。タイトで締まりがあり、中盤からアフターにかけてミネラル感が増幅され、密度が高い果実味がしっかりと口中に広がります。アフターには僅かにキャンディのニュアンスを含む余韻が長く続きます。「ジュブレィ・シャンベルタン」に特化した「フレデリック・エスモナン」の実力を是非、ご堪能くださいませ!!!。

「 今月のおすすめワイン 」

マルサネ

★9月のお勧めボトルワイン

MARSANNAY.Les Longeroies '10 (Denis Mortet) 16,000
マルサネ レ ロンジュロワ (ドゥニ モルテ)

今日、ドメーヌを運営するのは故“ドゥニ・モルテ”の長男“アルノー・モルテ”。2006年、24歳の若さでこの名高いドメーヌの運営を任されることとなりました。専門学校を中退し、「メオ・カミュゼ」と「ドメーヌ・ルフレーヴ」で研修。13歳の頃からすでに父の手伝いをさせられていたそうだが、2000年以降、フルタイムで働いているそう。「ドメーヌ・ルフレーヴ」で研修したのは自身もわずかながら白ワインを手がけ、ビオディナミにも興味があったためで、「ルフレーヴ」で働いた結果、ビオディナミの難しさを理解したとか。今日、11.2haの畑はきわめてビオロジックに近く、化学肥料、殺虫剤、除草剤には頼らない栽培がとられています。
“ドゥニ”時代のドメーヌのワインは、いかにも「ジュヴレ・シャンベルタン」らしい、強い抽出と凝縮感をもつワインでありました。しかし、息子の“アルノー”は、抽出が強過ぎるのではないかと父の造るワインに疑問を抱き、2000年にそれを訴えて以降、ピジャージュの頻度を減らすようになったとか。
醸造法は、原則として完全除梗(2009年のような暑い年は半分くらい全房を含める)のうえ、低温マセレーション。発酵容器はコンクリートタンクを使います。1日1回のルモンタージュと2、3回のピジャージュ。新樽率も父の時代と変わり、以前はほぼ100%新樽熟成でしたが、現在は村名「ジュヴレ・シャンベルタン」で60〜70%まで下げています。熟成期間は18ヶ月。
かつて5つの区画名入り「ジュヴレ・シャンベルタン」を造っていた「ドゥニ・モルテ」だが、その後、それらをひとつにまとめた「ジュヴレ・シャンベルタン・メ・サンク・テロワール」に集約。それを今度は以下の3つのキュヴェに整理しました。
「アン・マトロ」と「オー・ヴェレ」を中心とするノーマルの村名「ジュヴレ・シャンベルタン」。「コンブ・デュ・デゥシュ」と「アン・ドゥレ」を中心に樹齢70〜80年の古木を用いて造られる「ジュヴレ・シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ」。それに1級「シャンポー」に隣接した、小石の多い樹齢70年の区画、「アン・シャン」のみから造られる、唯一の区画名付き村名「ジュヴレ・シャンベルタン・アン・シャン」です。
“アルノー”の時代になり、ワインは力強さと同時にフィネスやエレガンスを備えたものとなり、口当たりはまろやかに、喉越しはスムーズに変化しているのは確かです。また、近年、“アルノー・モルテ”が力を入れているのが「ジュヴレ・シャンベルタン」よりも北のアペラシオン、「マルサネ」や「フィサン」など「コート・ド・ニュイ」北部のアペラシオンに関心を寄せ、この地域の畑を増やしており、それらのワインの品質がすこぶる高い。
そこで、今月おすすめさせて頂くワインに、「マルサネ・レ・ロンジュロワ2010年」を上げてみました。「ロンジュロワ」は間違いなく「マルサネ」で1、2を争う上質クリマです。「ドニ・モルテ」が所有する「マルサネ・レ・ロンジュロワ」の畑は約1ha。現在「マルサネ」には1級畑が無いのですが、いくつかの畑が1級昇格の申請中をしています。
古いフランス語で「溝」を意味する名前の付いたこの畑は、マルサネの丘の中腹部、沢山の石灰岩で構成される深い土壌で南向きの斜面に位置しています。どちらかというと軽くなりがちの「マルサネ」ですが、こちらの「レ・ロンジュロワ」は果実の凝縮感とミネラル、酸味とのバランスに優れているのが特徴で、早くもリキュールのような熟成感も感じ取れます。ダークチェリーのアロマが華やかに香り、タンニンは早いうちから溶け込み、かつ、緻密、風味豊かな味わいは頭一つ抜きんでた様相です。
偉大な父に並び、いえ、現在超えたとも言われています“アルノー・モルテ”のワイン!これは、間違いなく、あっという間に完売します。是非、お楽しみくださいませ!!!。

(2017.9.01[FRI])

「 今月のおすすめワイン 」

マルク・コラン

★7月のお勧めボトルワイン

CHASSAGNE MONTRACET. Caillerets (Marc Colin) '03 \18,000
シャサーニュ モンラッシェ カイユレ (マルク コラン)

「サントーバン」村は「ピュリニー・モンラッシェ」村と「シャサーニュ・モンラッシェ」村の影に、文字通り隠された小さな村です。
かつてはそのほとんどが「コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ」で瓶詰めされるほど、目立たぬアペラシオンだったのですが、近年、その真の価値が認められるようになり、「コート・ド・ニュイ」の「マルサネ」とともに人気に拍車がかかっています。
その「サントーバン」村で最も偉大なドメーヌのひとつが「マルク・コラン」です。
1944年生まれの“マルク”は1970年、26歳の時にドメーヌを創設しました。当初は「サントーバン」村と「シャサーニュ・モンラッシェ」村に6haの畑をもつのみだったのですが、80年代から90年代にかけて畑を広げ、現在は19haにもなります。
「サントーバン」村、「シャサーニュ・モンラッシェ」村のほか、「ピュリニー・モンラッッシェ」村と「サントネイ」村にも畑をもち、26のアペラシオンを手がけるまでに成長しております。
「モンラッシェ」を所有する16の造り手のひとりであり、10a68caの区画は「シャサーニュ・モンラッシェ」村側の最上部、「ギィ・アミオ」の2つの区画に挟まれた形で位置しております。またお膝元の「サントーバン」村には8つの1級畑を所有しており、「サントーバン」村のクリマの特徴を知るにはもってこいのドメーヌでございます。
現在、ドメーヌは“マルク”の3人の子供が中心となって運営しております。実際は4人兄弟ですが、長男の“ピエール・イヴ”は“ジャン・マルク・モレイ”の長女と結婚して独立。「ドメーヌ・ピエール・イヴ・コラン・モレイ」を立ち上げております。
ブドウ栽培はリュット・レゾネで一部実験的にビオロジックが行われており、白ワインは次男の“ジョゼフ”が、ピュアさとエレガントさ、それに余韻の長さを追求して醸造。赤ワインは三男の“ダミアン”がフレッシュさと弾けるような果実味、シルキーなタンニンをモットーに醸造しています。長女の“カロリーヌ”は“ダミアン”とともに営業を担当。3兄弟の結束がこのドメーヌの地位をさらに高めているようです。
今回ご紹介の「シャサーニュ・モンラッシェ」村の一級畑「カイユレ」は、村の中心部、緩やかな傾斜面に位置する砂利質の畑で、「レ・カイユレ」の名前は、小石(cailloux)に由来し、ミネラル豊かでエッジの効いた引き締まった味わいが特徴でございます。
色調は、心躍る黄金色、白い花のような香りにマンゴーやアプリコットなどの熟した濃厚な果実の香り、マッシュルームやバター、バニラ、カラメル、カシューナッツ、のニュアンスが感じられます。口に含むと、濃厚な果実味や高貴な雰囲気のあるミネラルに見事に酸が溶け込んでおります、余分なものがすべて削ぎ落された、「シャサーニュ・モンラッシェ」の素晴らしさを体現するワインです。
是非、お楽しみくださいませ!!。

(2016.7.01[FRI])

「 桜咲く 」

桜咲く

今日、21日は「春分の日」の代休日・・・日本各地で「開花宣言」が発表されて、いよいよ「春の訪れ」っと言った様相です・・・店を下がった所の木屋町から河原町に抜ける「於保橋」にかかる桜が例年通り、この辺りで真っ先に開花しました・・・店の前の樹齢の高い桜はまだまだ「つぼみかたし」と言った感じで、桜前線なるものは予想通りの「25日前後」になろうかと思います・・・ただ、週末から来週前半にかけて「花冷え」なる「寒の戻り」が予測されて、見頃は例年通りの「月末から4月第一週」と言う所のようです・・・

(2016.3.21[MON])

「 ありがとう。いつもありがとう 」

武蔵野様

毎年「開業月」には必ずご来店される「ご常連様」に頂いた、ピンクのバラの花束です・・・いつも、お気にかけて頂きまして、本当にありがとうございます・・・今後とも、末永いお付き合い、どうぞよろしくお願いします・・・。
ちょうど、記念日の「15日」・・・これを見ると元気をもらえる「まいにち、修造!」の日めくりのこの日のタイトルが“ありがとう。いつもありがとう”なんです・・・感謝!感謝!!・・・。

(2016.3.17[THU])

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR