fc2ブログ

鶉言

プロフィール

メゾンドヴァン鶉亭

Author:メゾンドヴァン鶉亭
京都鴨川のワインダイニングです

最新記事
カテゴリ

「 今月のおすすめワイン 」

今月のおすすめワイン

★6月のお勧めボトルワイン

PULIGNY MONTRACHET.Les Chalumeaux '16 (Ch de Puligny-Montrachet) ¥ 23,000
ピュリニー モンラッシェ レ シャリュモー (シャトー ド ピュリニー モンラッシェ)

「シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ」は17世紀に建てられた城館であり、“ナポレオン”帝政期には当時「ボーヌ」市長であった“ジャン・バティスト・デスドゥアール”が所有し、城館を修復。1950年代からブドウ栽培家であり詩人でもあった“ロラン・テヴナン”によって、シャトーのワインは名声を誇ったようです。
その後、「シャブリ」の「ドメーヌ・ラロッシュ」の手に渡り、さらに金融機関の所有となって、2002年にシャトーの支配人として抜擢されたのが、「ヴォルネイ」の「ドメーヌ・ド・モンティーユ」の長男、“エティエンヌ・ド・モンティーユ”です。
“エティエンヌ”はブドウ畑をビオロジック、そしてビオディナミに転換し、ワインの質を劇的に向上させ、傾きかけていたシャトーの名声を復活させました。そして2012年にとうとう、“ド・モンティーユ”家がオーナーの金融機関からこの由緒正しきシャトーを購入することに成功したのです。
シャトーは22ha、21のアペラシオンを所有しますが、このうち特級「モンラッシェ」と「バタール・モンラッシェ」は「ドメーヌ・ドゥジェニー」の“フランソワ・ピノー”に転売されることに、それ以外の上位レンジにあります、特級「シュヴァリエ・モンラッシェ」、「ムルソー1級ペリエール」、「ポマール・レ・クラ」、「ポマール1級ペズロール」は「ドメーヌ・ド・モンティーユ」として生産する一方、下位アペラシオンはド・モンティーユのネゴスものとしてリリース。中間帯のアイテムを「シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ」として残す事になっていますが、とうとう、2016ヴィンテージをもって、「シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ」としての生産を終了。2017年からは、「ド・モンティーユ」のラベルで造られています。
今回ご紹介の「ピュリニー・モンラッシェ・レ・シャリュモー2016年」は、ほぼ「シュヴァリエ・モンラッシェ」と同じ高さに位置し、「ムルソー」村寄りの1級畑です。きわめてミネラリーなスタイルの「ピュリニー・モンラッシェ」であり、白い花やミネラルのフレーバーが強く出ています。酸のキレもよく、タイトなボディ。その一方、果実味も十分に備え、バランスのとれた白ワインに仕上がっています。アフターにもミネラルが感じられ、その余韻は非常に長い・・・是非、初夏の美食のお集まりにご指名くださいませ!!!。

(2022.6.01[WED])

「 今月のおすすめワイン 」

今月のおすすめワイン

★5月のお勧めボトルワイン

RUINART BRUT BLANC DE BLANC ¥ 18,000
リュイナール ブリュット ブラン ド ブラン

リュイナールは、1729年に「ランス」で創業した世界最古のシャンパーニュ・メゾンです。その歴史は、ベネディクト派修道会の高僧“ドン・ティエリー・ルイナール”氏が、いち早くシャンパーニュの将来性に着目したことに始まります。“ドン・ティエリー・ルイナール”氏は、その製法を甥の“ニコラ・ルイナール”氏に伝授し、現在まで約290年に渡り受け継がれる、リュイナールの輝かしい歴史が始まりました。
また、リュイナールのもう一つの大きな功績に、「クレイエール」の利用が挙げられます。「ランス」の「クレイエール」は、ローマ時代に約8kmに渡り掘られた地下の石灰岩の石切り場だったものです。この「クレイエール」が石灰質から成り、一定の温度と適度な湿度を保つ他、地下深くに位置するため振動も少なくワインの熟成に最適な環境であることを思いつき、初めてシャンパーニュの貯蔵庫として利用し始めたのがリュイナールです。
現在では多くのシャンパーニュの生産者が熟成用の貯蔵庫として利用しており、2015年にはユネスコ世界遺産にも認定されました。
「高貴な品種」といわれるエレガンスと洗練、フレッシュネスをあわせ持つシャルドネ種にこだわり、使うシャルドネ種の80%はグラン・クリュ(ブドウの特級畑)。優しい果実味と凛とした酸味の優雅な味わいを引き出す巧みな技術を有することから、「シャルドネ・ハウス」とも称されます。「コート・デ・ブラン」の繊細なシャルドネ種に、「モンターニュ・ド・ランス」の力強いシャルドネ種を加えています。この2種のシャルドネ種のブレンドこそが、絶妙なハーモニーとなり、エレガントで洗練された清らかな味わいが生まれます。
透明のボトルからこぼれ輝く美しい黄金色。グラスに注ぎますと、繊細で上質なパールのような泡が立ち昇り、白桃や蜂蜜、ローストしたアーモンドなど甘さのある香りが溢れます。テロワールを熟知した巧みなブレンディングにより、各銘醸地が生み出すミネラルや骨格、フレッシュさ、成熟感を絶妙に掛け合わせ、シャルドネの清らかさ、繊細さ、上品さを追求しています。品種が持つ個性を完璧に表現し、リュイナールならではのスタイルを生み出しています。
「リュイナール・ロゼ」と併せて、グラスシャンパン ¥2,500としてもご用意しておりますので、是非、「リュイナール」の素晴らしさをお気軽に、ご堪能下さいませ!!!。

(2022.5.01[SUN])

「 今月のおすすめワイン 」

今月のおすすめワイン

★4月のお勧めボトルワイン

CHAMBOLLE MUSIGNY.Les Cras '16 (Antonin Guyon)     \17,000
シャンボール ミュジニー レ クラ (アントナン ギヨン)

「サヴィニー・レ・ボーヌ」に本拠を置く「アントナン・ギヨン」は、48haのブドウ畑を耕作する大ドメーヌです。1960年代に先代の“アントナン・ギヨン”が「ジュヴレィ・シャンベルタン」から「ムルソー」にかけて秀逸なクリマを手に入れ、70年代になると、その息子で現当主の“ドミニク”が、「オート・コート・ド・ニュイ」に点在する350もの区画を80軒の農家から買い集めました。
「ブルゴーニュAC」と「オート・コート・ド・ニュイ」のワインは「ドメーヌ・ドミニク・ギヨン」、それ以外のアペラシオンは「ドメーヌ・アントナン・ギヨン」の名がラベルに冠されます。
これだけ広大なブドウ畑をもちながらビオロジック栽培にも熱心で、2015年から正式に移行。2018年にはエコセールの認証を取得しました。
収量はアペラシオンやヴィンテージに応じて28~42hl/haですが、2016年は遅霜の被害が甚大で、「ボーヌ」の生産量はなんとゼロ。お膝元の「サヴィニー・レ・ボーヌ」もわずか1割という状況でした。
ワイン醸造はいたってトラディショナル。畑と醸造所の2回にわたって選果をし、完全除梗のうえ、発酵前に10度の低温浸漬、ピジャージュ、ルモンタージュ、デレスタージュによって抽出を行います。発酵容器は古式ゆかしき木製の開放槽で、熟成用の樽は「フランソワ・フレール」と「ダミー」を中心とし、新樽の比率は平均25%です。赤は18ヶ月間の熟成を施します。白は全房で圧搾後、小樽発酵。週に1回のバトナージュを行い、「コルトン・シャルルマーニュ」の18ヶ月は例外として、他のアペラシオンはだいたい12ヶ月の樽熟成です。白は「ピュリニー・モンラッシェ」の1級「ピュセル」、「ムルソー」の1級「シャルム」、それに特級「コルトン・シャルルマーニュ」。赤は特級に「コルトン・ブレッサンド」、「コルトン・クロ・デュ・ロワ」、そして「シャルム・シャンベルタン」といった銘醸畑をもっています。
評論家受けを狙った大柄なタイプではなく、「アントナン・ギヨン」のワインは繊細にしてエレガント。料理と寄り添う、伝統的なスタイルを貫いています。
今回お勧めのワインとしては「シャンボール・ミュジニー・レ・クラ2016年」をご用意致しました。「シャンボール・ミュジニー」村の畑の中では最も高い位置にあり、東向きの斜面で日当たりが良く石灰岩、粘土質が多い土壌と冷涼な気候が特徴です。樹齢50年。収穫は手摘みで行われ、専用の小さな箱でセラーへ運ばれ選別されます。木製の樽で、ピジャージュと温度管理をしながら20日間の発酵を行います。きれいなルビー色、すみれと赤いベリーのチャーミングな香り。絹のような、エレガントで繊細な質感。柔らかなタンニンで余韻は長いです。一気に春の装いを感じ始めます季節にピッタリのワインではないでしょうか、是非、お楽しみ下さいませ。

(2022.4.01[FRI])

「 今月のおすすめワイン 」

今月のおすすめワイン

★3月のお勧めボトルワイン

POMMARD.Les Jarollieres '12 (Pousse D'or)     \18,000
ポマール レ ジャロリエール (プスドール)

かつて「ロマネ・コンティ」のオーナーでありました“デュヴォー・ブロシェ”家の所有地の一部が、「ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドール」にあたり、1964年、投資家たちにより再構築され、その時に醸造長となったのが“ジェラール・ポテル”でした。
やがて、“ポテル”が株式の半分を取得し、もう半分をオーストラリアの投資家たちが所有していましたが、1997年に“ポテル”が急死しますと、ドメーヌは売りに出され、これを購入したのが現オーナーの“パトリック・ランダンジェ”でありました。
彼は医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功した人物ですが、「ヴォーヌ・ロマネ」村に別荘をもっており、いつかは畑を買い、この別荘をドメーヌにしたいと夢想していたそうです。そんな折、「プス・ドール」売却の話を耳にしたといいます。手に入れるや否や、200万〜300万ユーロの資金を投じて、醸造施設や発酵用の木桶、他の設備も一新。1999年に完成した醸造施設は6層構造になっており、収穫から醸造、樽熟成、瓶詰めまで、ポンプを一切使わず重力でブドウ果汁やワインが流れる仕組み「グラヴィティ・システム」になっています。“ランダンジェ”が投資したのは設備だけに止まらず、ブドウ畑の拡張も盛んに行われています。1998年に「コルトン・クロ・デュ・ロワ(1.45ha)」と「コルトン・ブレッサンド(0.48ha)」を手に入れ、2004年に「ピュリニー・モンラッシェ1級カイユレ(0.73ha)」をそして2008年には「シャンボール・ミュジニー」の「ドメーヌ・モワンヌ・ユドロ」を買い取り、村名「シャンボール・ミュジニー(1.41ha)」、1級の「グロゼイユ(0.52ha)」、「フースロット(0.42ha)」、「シャルム(0.19ha)」、「レ・ザムルーズ(0.20ha)」、そして特級「ボンヌ・マール(0.17ha)」をラインナップに収めました。その代わり、2009年に「サントネイ」村1級の「グラヴィエール」は売却したようです。
赤ワインの醸造では木桶とステンレスタンクを併用し、7日間の低温マセレーションの後、日に2回のピジャージュをしながら長いキュヴェゾンを施す。樽熟成は1級で1/3、特級で40%前後。トータルで15ヶ月間。
今回、ご紹介の「ポマール・レ・ジャロリエール'12」は「ヴォルネイ」の村と「ポマール」村の有名なクリマ「レ・リュジアン」の境に位置します、「ポマール」村の南側区画の「レ・リュジアン」、「レ・シャンラン」、「レ・プチュール」、「レ・ジャロリエール」、「レ・フルミエ」など、「ヴォルネイ」村に接する地域の土壌は、赤みを帯び、鉄とミネラル分が豊富。小石や粘土が多い泥炭土や褐色石灰岩質の土地です。面積は1.4haで、年間生産量は約7,000本。「ジャロリエール」のワインは「ブルゴーニュ」の南側「コート・ドボーヌ」にありながら「コート・ド・ニュイ」らしい、ミネラル感豊かで力強く、味わいも深く、タンニンもリッチ。良いヴィンテージは数年待つと最高潮を味わえるワインといわれております。
「ポマール」村のワインは、「ブルボン」朝初代のフランス国王“アンリ4世”が愛飲したとか、ワイン愛好家の“ナポレオン”が定期的に「ポマール」城に訪れるほどだったとかエピソードも事欠かないワイン銘醸地の一つでございます。今月のコースのメインのお料理「京都産 鴨のロースト スパイシーなビガラードソース」にも抜群の相性と思われます、是非、お楽しみ下さいませ。

(2022.3.01[TUE])


「 今月のおすすめワイン 」

今月のおすすめワイン

★2月のお勧めボトルワイン

CHATEAU CHASSE SPLEEN '09 (Moulis)     \16,000
シャトー シャス スプリーン (ムーリス)

「メドック」中央部に位置する「ムーリス」村近辺は、小規模なプチ・シャトーが数多く集まる地域です。その中で「クリュ・ブルジョワ」に格付けされ、品質や人気などの面から、同地区のトップクラスのシャトーとして知られているのが「シャトー・シャス・スプリーン」です。格付けは2003年からクリュ・ブルジョワ・エクセプショネルに昇格致しました。
シャトー名の意味は“憂いを払う”。フランスの有名な詩人“シャルル・ボードレール”が詠んだ「スプリーン」という題の詩からとったものだと言われています。
近年、評価が急上昇しており、「メドック」の格付けシャトーをも凌ぎ、過去30年にわたって3級格付けのワインと同等の品質のワインを作ってきた、そんな高評価を与えられているのです。1990年代のワインブームの際には、価格が急騰したことでも話題となりました。しかし、「シャトー・シャス・スプリーン」のワイン作りは、今でも伝統的な手法を頑なに守り続けており、マロラクティック醗酵の後に瓶詰めの前にも濾過処理を行わないという、メドックでも少数派のシャトーなのです。作付面積はカベルネ・ソーヴィニョン種52%、メルロー種39% カベルネ・フラン種4%、プティ・ヴェルド5%となっております。
色調は若いうちは深いルビーレッド。熟成が進むほどレンガ色に近づいていきます。香りはチェリーやベリー系果実のピュアな香りに、バラや樽に由来する煙草やバニラのニュアンスも加わります。熟成が進み、いまや果実香は円熟味を感じさせる熟した果実香になり、ドライフルーツや土を思わせる熟成香も加わり落ち着きある印象になります。プラムやベリー系果実のなどの果実味は落ち着きある甘やかなニュアンスになり、タンニンや酸味などの成分がワインに溶け込むことで、しなやかな質感と飲み口になり、力強さというよりはエレガントさを感じさせるワインに成長していきます。
是非、「シャトー・シャス・スプリーン」の名前にあやかって「憂い」を払ってはいかがでしょうか。ご指名お待ちしております!!。

(2022.2.01[TUE])

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR