鶉言

プロフィール

メゾンドヴァン鶉亭

Author:メゾンドヴァン鶉亭
京都鴨川のワインダイニングです

最新記事
カテゴリ

「 今月のおすすめワイン 」

ルシュノー

★7月のお勧めボトルワイン

NUITS ST-GEORGES.Les Damodes '99 (Lecheneaut) 25,000
ニュイ サン ジョルジュ レ ダモド (レシュノー)

“フィリップ”と“ヴァンサン”の“レシュノー”兄弟が運営するこのドメーヌは、1986年創業の若さながら瞬く間に高評価を得て成長しました。
今はなき「モラン」というネゴシアンで働いていた父、“フェルナン”がふたりに残した畑はわずか3ha。それを18アペラシオン(年によって変動あり)、およそ10haの規模にまで拡大させたのです。「ニュイ・サン・ジョルジュ」村を拠点とするドメーヌですが、畑はさまざまな村に点在しています。「マルサネ」村、「ジュヴレ・シャンベルタン」村、「モレ・サン・ドニ」村、「シャンボール・ミュジニー」村、「ヴォーヌ・ロマネ」村、「ニュイ・サン・ジョルジュ」村、「ショレイ・レ・ボーヌ」村……、そして「オート・コート」にも。
ブドウ栽培は事実上のビオロジックで、いくつかビオディナミ的な調合物も使っています。しかし、認証を得るつもりはまったくないようです。
醸造方法をみると、原則的に100%除梗ですがヴィンテージとクリマによってはいくらか梗を残します。10〜12度の低温マセレーションを4、5日続けた後、自然にアルコール発酵。トータルで3週間のキュヴェゾンを行います。その後、およそ16ヶ月の樽熟成。村名ワインでも新樽率は50%と比較的高く、「ニュイ・サン・ジョルジュ」村を例にとると1級「レ・ダモド」は70%、「プリュリエ」は100%に上がります。これだけ高い新樽率も、ワインの凝縮度に自信があるからにほかならないのです。
畑の地質は、茶褐色の石灰土壌、砂利、シルト粘土、白ウーライトが起源で凍結・解氷と科学的な風土によりできた赤みがかった礫などに、天候によって発展した「羊の頭」と呼ばれるチョーク石灰岩の岩が結び付いています。
これらの巨礫はピンク色の石灰岩の上に横たわり、チャート(珪質堆積岩)の平地と伴ってプレモ―と呼ばれています。
「レ・ダモド」は、「ヴォーヌ・ロマネ」村に接した北端にあります。その先にある「ヴォーヌ・ロマネ」村の畑も同じように「レ・ダモド」という名前が付いていますが、つづりが違います。「ニュイ・サン・ジョルジュ」村の「レ・ダモド」も、ひと続きで上部と下部に分かれており、上部は村名、下部は1級畑となります。「レシュノー」は、どちらにも畑を持っていますで、ブレンドして村名格として売っていたのです。今は下部の畑が増えたので、1級として単独で造れるようになりました。2011年のことです。
「ヴォーヌ・ロマネ」のようなエレガントで華やかな香り、ピュアな果実味が組み合わさり、きれいなストラクチャーで、柔らかくしなやか。約20年近い熟成で紅茶やキノコ、かすかに獣臭もまとい始め、リキュールのような、ねっとりと感も出て、ようやく個性を発揮してきております。
是非、お楽しみください。!!!

(2017.7.01[SAT])


「 今月のおすすめワイン 」

リッジ

★6月のお勧めボトルワイン

RIDGE VINYARD CHARDONNAY ESTATE '14 (SANTA CRUZ MOUNTAINS) 20,000
リッジ ヴィンヤード シャルドネ エステイト (サンタ クルーズ マウンテン)

「リッジ・ヴィンヤーズ」は、米国「カリフォルニア」州を代表する名門ワイナリーで、1986年に「大塚製薬」株式会社が取得しました。その名声は米国内のみならずヨーロッパにも轟いており、世界最高峰のワインを安定的に産み出す醸造所として、絶え間ない賞賛を浴び続けています。
ワイン造りのアプローチは、伝統的な手法を重視し、ブドウ栽培、ワイン醸造の両面において極力自然なプロセスを導いてやるというものです。不世出の天才醸造家にして「リッジ」の象徴でもある総帥“ポール・ドレーパー”は、40年以上にもわたって、極めてバランスに優れ、長い寿命を持つ卓越したワインを造り続けてきました。「リッジ」は、単一畑が持つ「その土地らしさ」の表現にも、創立以来一貫してこだわり続けており、ワインのほとんどに単一畑名が冠されています。
「リッジ」が手掛けるワインに用いられるブドウは、カベルネ・ソーヴィニョン種のほか「ボルドー」原産の黒ブドウ数種と、アメリカを象徴する黒ブドウのジンファンデル種、そして白ワインの女王シャルドネ種など。ワイナリーは2箇所、「サンフランシスコ」の南、「シリコン・ヴァレー」近くの「サンタ・クルーズ」山脈中と、「サンフランシスコ」の北、ジンファンデル種の本場「ソノマ」郡にあります
トップキュヴェの「モンテベロ」の畑には、わずかな量ですがシャルドネ種も植わっており、そこから二種類のワインが造られています。優れた年にのみ造られる白のフラッグシップ、「モンテベロ・シャルドネ」と毎年生産され、今月のお勧めの「エステート・シャルドネ」です。「リッジ」の造る白ワインはこのシャルドネ種のみで、全体生産量の数%を占めるにすぎないのですが、世界中で高い評価を受けています。「モンテベロ」の冷涼な気候と石灰岩土壌(ブルゴーニュと同じ)を考えれば、ここで偉大なシャルドネ種が生まれないはずはないのです。
色調はまさに太陽の恵みを凝縮したような黄金色。事実、しっかりとした酸と強いミネラル風味をたたえたエレガントなスタイルなのですが、豊富な果実味とアメリカンオークの風味が、「ブルゴーニュ」とは異なる喜びを与えてくれます。
「リッジ」のワインはかねてから、ホワイトハウスの晩餐会でよく用いられてきました。世界の首脳や国賓を相手に繰り広げられる「美食外交」の場において、アメリカが世界に誇る逸品としてその存在を誇示するのです。最近の例では2016年10月に、“オバマ”大統領がイタリアの“マッテオ・レンツィ”首相をホワイトハウスに迎えた任期中最後の公式晩さん会で、メインディッシュの炭焼きテンダーロインに合わせて「ジンファンデル・イースト・ベンチ2014年」が饗されています。2013年6月に、中国の習近平国家主席を“オバマ”大統領が迎えた晩餐会の席においては、メインディッシュのポーターハウスステーキに「ガイザーヴィル2008年」が合わせられました。日本が絡む近年の例としては、2006年6月、当時の“小泉”首相を“ブッシュ”大統領が歓待したホワイトハウス晩餐会があげられます。この時には「リットン・スプリングス2004年」が、メインディッシュの神戸牛に合わせて出されたようです。
上述の「美食外交」には赤ワインばかりの登場でございますが、初夏のこの頃、ますます床席の気候も良くなってまいりますので、リッチな白ワインで「美食外交」を催されては如何でしょうか。
是非、お電話お待ちしております!!。

[2017.6.01[THU])

「 ホタル 」

ホタル

ここ数日間で、店から下がって「河原町」に抜ける「於保橋」の下流に、ご覧頂いてます「ホタル」の群れが飛び交ってます・・・こんな街中で、ホタルが生息する環境にあることが「感動」です・・・私達の帰宅時間の「日が変わる頃」前後が見頃なんでしょうか・・・お近くを通られたら鑑賞してみて下さい・・・見頃も、そう長くはないと思いますが・・・。

(2017.5.30[TUE])

「 カルガモの親子 」

カルガモー2

「床開き」の今日、ちょっとだけ早めに出勤して、床の支度をしていた時の鴨川でのナイス・フォトです・・・時期的にはちょっと早いかとは思うんですが、カルガモの親子の愛らしい光景を撮りました・・・つがいの親鳥に雛鴨が10羽・・・店の前の鴨川の草むらに巣くっていたようですが先日の増水からも免れて、すくすくと育っているようです・・・。

カルガモ

(2017.5.02[TUE])

「 今月のおすすめワイン 」

アルヌー

★5月のお勧めボトルワイン

NUITS ST-GEORGES.Les Proces '10 (Arnoux Lachaux) 23,000
ニュイ サン ジョルジュ レ プロセ (アルヌー ラショー)

“アルヌー・ラショー”は、「ヴォーヌ・ロマネ」村の名門ドメーヌとして名高い「ロベール・アルヌー」が2008年から改称したものです。先代の“ロベール・アルヌー”は父の死に伴い、26歳の若さでドメーヌを継承。もともと“ロベール”の両親はともに「ヴォーヌ・ロマネ」村の出身でいくらかの畑を所有していましたが、それを大きく広げたのは“ロベール”になります。しかし、彼は3人の娘をもうけましたが、跡取りとなる男子がいませんでした。そこで末娘の“フローランス”が婿をとり、ドメーヌを継ぐことになったようです。その婿こそ、現当主の“パスカル・ラショー”にあたります。
“パスカル”は87年に“フローランス”と結婚。もとは「ボーヌ」村の薬剤師でワイン造りとは無縁の家系でありましたが、結婚後、ブドウ栽培とワイン造りを学び、ドメーヌで働くようになりました。95年に“ロベール”が他界して以降は“パスカル”と“フローランス”のふたりでドメーヌを切り盛りし、カーヴの拡張、醸造施設の改装、そして畑もさらに増やし、2008年には「ラトリシエール・シャンベルタン」をラインナップに加えることとなりました。
「ヴォーヌ・ロマネ」村がお膝元だけに、この村とニ「ュイ・サン・ジョルジュ」村を中心に数々のクリマを所有しています。特級は「ロマネ・サン・ヴィヴァン」、「エシェゾー」、「クロ・ド・ヴージョ」、それに「ラトリシエール・シャンベルタン」とじつに豪華。ドメーヌが所有する畑の総面積は13haを超えてきています。
ブドウ栽培はリュット・レゾネ。手摘みでブドウを収穫し、ブドウは破砕せずに低温マセレーションの後、ステンレスタンクで自然発酵。樽熟成期間は平均14ヶ月で、新樽の比率は村名で20〜25%、一級畑で30〜50%。特級は100%新樽ですが、「ヴォーヌ・ロマネ」村1級の「オー・レニョ」と「レ・シュショ」にも100%の新樽を用いています。こうして造られる“アルヌー・ラショー”のワインは、なんといってもバランスがとても良いのです。果実味が過ぎたり、樽香が強すぎることもなく、しかし、十分な凝縮感を伴っています。
今月ご紹介の「ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・プロセ2010年」は「ニュイ・サン・ジョルジュ」村の「サン・ジョルジュ」地区側の一級畑「レ・プリュリエ」と、「リュ・ド・ショー」に囲まれた一級畑、緩やかな傾斜をもつ粘土石灰質土壌、「アルヌー・ラショー」は僅か0.6haのみを所有しています。
赤の色調は濃く、複雑な芳香を備えている。バラや甘草を思わせ、他にここは若いうちから腐葉土や動物的なニュアンスが感じられるクリマと言われています。味わいはコクとボディがあり、豊かなタンニンと豊満さが融合した逞しいスタイルです。しっかりとした骨組みで余韻は長く、長く続きます。是非、お楽しみ下さいませ!!。

(2017.5.01[MON])

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR