FC2ブログ

鶉言

プロフィール

メゾンドヴァン鶉亭

Author:メゾンドヴァン鶉亭
京都鴨川のワインダイニングです

最新記事
カテゴリ

「 今月のおすすめワイン 」

ヴァランドロー・ブラン

★6月のお勧めボトルワイン

VALANDRAUD BLANC '16 Bordeaux \ 20,000
ヴァランドロー ブラン ボルドー

「シャトー・ヴァランドロー」は、皆様ご存じの「サンテミリオン」地区で“ジャン・リュック・テュヌヴァン”氏が手掛ける伝説的なシンデレラワインです。初ヴィンテージの1991年以来、生み出されるワインは高い評価を受け、驚異的なスピードでトップワインに比肩するまでに到達しました。
自身が正しいと思うワイン造りを常に取り入れ、実行に移してきた、研究に熱心なことで知られる“テュヌヴァン”氏、2000年ヴィンテージを造る際、彼は収穫前の予期されていた雨水による水害を防ぐためにブドウ畑の一部(2ha)にビニールシートを敷き、雨水を排除したブドウ栽培を開始しました。しかし、こちらの方法はテロワールの在り方に背くと考えられているため、フランスの公的機関である国立原産地名称研究所(INAO)によって禁止されており、こちらの畑から造られたワインは格下げせざるをえませんでした。
“テュヌヴァン”氏は決まり事よりも優れたワインを生産することを重視し、格下げしてもなお良いワインを造りたいという想いでテーブルワインという位置づけにて、「シャトー・ヴァランドロー」を「ランティルディ・ド・ヴァランドロー」としてリリースしました。フランス語で「禁じられたヴァランドロー」という意味のこちらのワインは、ワイン法によりヴィンテージさえも名乗ることが出来ませんでしたが、中身は正真正銘の「シャトー・ヴァランドロー」の2000年なのです。市場では高値で取引され、当時「最も高価なテーブルワイン」とも言われました。畑を拡張した現在でも、“テュヌヴァン”氏の厳格な栽培と醸造は変わることはなく、遂に2012年の「サンテミリオン」格付けにて第1特別級Bに昇格を果たしました。
今回ご紹介の「ヴァランドロー・ブラン2016年」は「シャトー・ヴァランドロー」が2003年から手掛ける希少な白ワインでございます。年間生産本数約3,000本の希少な白ワイン、「ブルゴーニュ」地方のかの偉大なワインなみです。
ソーヴィニョン・ブラン40%, ソーヴィニョン・グリ40%,セミヨン20%で構成されています。輝きのある、やや緑がかったイエローの外観。ほんのりオイリーなレモン、ネクター、ライムの果実香に加え、ハーブや青い葉、カモミールのノートも引き出されていきます。グラスをゆっくり揺らしますと焼きリンゴやトースト、塩気のあるバターやバニラの甘く芳ばしい芳香が浮遊し、鮮明な印象を植え付けます。透明感のあるミネラルが持続し、柔らかみのある洗練された酸。例えると冷やしたグレープフルーツゼリーのよう。爽やかながら厚みがあり、最後にわずかに残るほろ苦さに魅了される1本です。
ただいま穏やかな気候で居心地の良い床席の乾杯にピッタリでございます、是非、ご指名下さいませ!!。

(2020.6.01[MON])

「 今月のおすすめワイン 」

アンリ・ジロー

★4月のお勧めボトルワイン

HENRI GIRAUD CODE NOIR BRUT \ 28,000
アンリ ジロー コード ノワール ブリュット

「アンリ・ジロー」の歴史は、17世紀初頭に遡ります。“ルイ13世”統治下の1625年、創業者の“フランソワ・エマール”が「シャンパーニュ」地方でも良質なブドウの産地として有名な「アイ」村に畑を手に入れました。これが、現在の「アンリ・ジロー」のシャンパーニュが高い評価を受ける大きな理由となります。
10世紀以前から、石灰質の土地である「シャンパーニュ」地方は、シャルドネやピノ・ノワールなど良質なブドウを生み出す地として知られていました。中でも「アイ」村のピノ・ノワールは評価が高く、17世紀にシャンパーニュ造りが始まった頃には、多くのメゾンが「アイ」村産のピノ・ノワールを欲しがったといいます。特に熱心だったのが法王や王族で、歴史の証人灯として、今も「アイ」村には“フランソワ1世”や“アンリ4世”の圧搾場跡が残っています。ちなみに、“アンリ4世”は「アイ卿(Lord of Ay)」と呼ばれ、「アイ」村の歴史のひとつとなっています。
16世紀初頭から、「アイ」村は「シャンパーニュ」地方において、ワインのAOC(原産地統制名称)として認定。現在、「シャンパーニュ」地方にある323のクリュ(区画)のうち、グラン・クリュに認定されているのは17のクリュ。「アイ」村は、全てのクリュがグラン・クリュに認定され、その高品質のブドウは、プレステージ級のシャンパーニュにおいて、もはや欠かせないものとなっています。「アンリ・ジロー」は、「アイ」村に約8haの自社畑を所有しています。
栽培されるブドウの種類はピノ・ノワール70%、シャルドネ30%。ブドウ本来のピュアな味わいを生かしているのが、今も頑固なまでに守り続ける伝統製法です。ブドウはすべて手摘みで、収穫されたブドウは酸化を防ぐため、すぐに醸造所へ運ばれます。そして不純物は完全に取り除かれ、プレス機にかけられます。特筆すべきはこの圧搾後の処理。1990年以来、「アンリ・ジロー」では、「シャンパーニュ」地方において唯一、低温浸透法のシステムを導入しています。(低温浸透法・・・ブドウジュースが圧搾されて出てくると、特別なコンプレッサーによってゆっくりと10度まで温度を下げるシステムのこと)こうすることで、衛生面において有益なだけでなく、同時に雑味成分とブドウジュースが完全に分離するなど、多くのメリットが得られます。そしてその後、シャンパーニュに複雑なアロマをもたらすため、特別にあつらえた「アルゴンヌの森」産の樫の樽でゆっくりと発酵させます。この特別なオーク樽を使うことで、シャンパーニュにグレープフルーツやバニラ、ココナッツといった複雑な香りが生まれるのです。
今回ご紹介の「アンリ・ジロー・コード・ノワール・ブリュット」は「アイ」村のピノ・ノワールに遺伝子(コード)レベルで迫り、その神秘性を表現することをテーマに造られたシャンパーニュです。ピノ・ノワールの亜種でアイ村の土着品種プティ・ドレにこだわり、ブラン・ド・ノワール(黒ブドウのみで造られたシャンパーニュ)ならではの力強さと奥行きを感じさせるスタイルです。
黄金がかった山吹色。泡立ちはキメ細かく溶け込んでいます。香りにはバニラやカシューナッツ、ビスケットなどの芳しさに、ほんのりと甘い蜂蜜のアロマが印象的で、洋梨やドライアプリコット、ピーチ、チェリー、リンゴのコンフィなど果実香が続く。そしてホワイトペッパー、樽から抽出されたスパイスのヒント、砕石、石灰的なミネラルのノートが混じり合います。複雑でエレガントな趣とともに熟成感がただよっています。口に含むとなめらかで繊細な発泡が心地よく、凝縮した果実味が瞬く間に支配する。低めの重心はブラン・ド・ノワールならではのもの。力強さと美しさ、気品を兼ね備えたスマートなシャンパーニュ。酸とのバランスがよくフレッシュな余韻が持続する。また、温度の上昇とともに味わい深い奥行も堪能できます。是非、桜を愛でながらのお集まりに、ご堪能下さいませ!!。

(2020.5.01[FRI])

「 桜だより 」

若木

去年、伐採にあった桜の後に植樹された2本の「若木」が咲きました・・・これから成長を続けて、立派な桜になって行くのでしょうが・・・私も、いつまで見届けて行けるのやら・・・皆様方におかれましても末永いお付き合い、よろしくお願い致します・・・。

対岸

対岸の「枝垂桜」の様子です・・・こちらの「個体差」もまばらで中央の「紅枝垂れ」は、いつもながらにかなり遅れます・・・右の「枝垂れ」と合えば、結構見応えがありますが・・・今年は、割と上手に咲き揃うかも・・・。

団栗橋

団栗橋から五条方面の「桜並木」です・・・先日、加茂街道や出町柳から北の「高野川」沿いの桜を見てきたんですが、ここから「七条」までの桜も中々の物で、所々の「枝垂桜」とのコントラストが、遊歩道の「レンギョウ」や「雪柳」、「桃の花」と一緒に「映え」ます・・・。

(2020.3.31[TUE])

「 桜だより 」

桜だよりー4
個室からの「桜風景」です・・・ほぼ、満開の様相です。ここ数日「寒の戻り」的な「花冷え」が続いたので、丁度今が「見頃」。
桜だよりー5
店の下の河原町に抜ける小橋は、写真撮影の「カップル」達で賑わいます・・・。桜だよりー6
店の前から「四条通」向きの「ライトアップ風景」です・・・折角の見頃の時期に、人影は「まばら」です・・・「ひっそり」してます。

(2020.3.30[MON]

「 桜だより 」

桜便り3-25

店からちょっと下がった高瀬川の桜で、この枝だけが「満開」・・・今年の桜も「開花」にかなりの個体差があって、新聞の編集のスタッフさんも「開花状況」を観測するのに苦労されていることでしょう・・・日中は結構暖かいんですが、夕暮れ時からは「花冷え」の様相で咲き揃うのには、もうしばらく日にちがかかるようです・・・。

(2020.3.25{WED])

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR