FC2ブログ

鶉言

プロフィール

メゾンドヴァン鶉亭

Author:メゾンドヴァン鶉亭
京都鴨川のワインダイニングです

最新記事
カテゴリ

「 今月のおすすめワイン 」

メオ・カミュゼ

★10月のお勧めボトルワイン

NUITS ST GEORGES.Aux Boudots '13 (Meo Camuzet) \35,000
ニュイ サン ジョルジュ オー ブード (メオ カミュゼ)

NUITS ST GEORGES. Aux Murges '13 (Meo Camuzet) \35,000
ニュイ サン ジョルジュ オー ミュルジェ (メオ カミュゼ)

「メオ・カミュゼ」の歴史は、1900年代初頭、「ヴォーヌ・ロマネ」村の生産者であり「コート・ドール」県議会議員でもあった、“エチエンヌ・カミュゼ”氏から始まりました。 このドメーヌの特徴は何と言ってもその特級畑の質と量。「ヴージョ」村と「ヴォーヌ・ロマネ」村を中心に「クロ・ド・ヴージョ」、「リシュブール」、「エシェゾー」、「コルトン」という4つのグラン・クリュ、6つのプルミエ・クリュを所有する「ブルゴーニュ」屈指の名門ファミリーです。
「メオ・カミュゼ」は、ワインの神様と呼ばれている“アンリ・ジャイエ”氏がコンサルタントを務めていたことでも有名。1989年から醸造を担当する“ジャン=ニコラ・メオ”氏は“アンリ・ジャイエ”氏に直接指導を受けた数少ない人物のひとりで、その指導のおかげで、風味の深さや果実味のインパクト等、「メオ・カミュゼ」の酒質は向上しました。現在も、“ジャン=ニコラ・メオ”氏が経営を行い、畑の仕事は、以前から小作人として働いていた“クリスチャン・フロワ”氏がこれまでの経験を活かしたアドバイスをしながら行っています。
収穫は全て手摘み。これまで“アンリ・ジャイエ”氏の醸造法に倣い、100%除梗を行っていましたが、2004年から全房発酵を試験的に導入。2011年以降、「エシェゾー グラン・クリュ レ・ルージュ・デュ・バ」、「ヴォーヌ・ロマネ」の1級畑、「オー・クロ・パラントゥ」、「ニュイ・サン・ジョルジュ」の「オー・ブード」には全房発酵したワインが、約15%ずつ含まれています。その結果、造りだされるワインは、これまでの果実味重視のスタイルから、より複雑味を備えエレガントなスタイルへと変化しつつあります。新樽の使用については、グラン・クリュとプルミエ・クリュは100%、その他のワインは約50%にて18ヵ月熟成。その後、ノンフィルターで瓶詰されます。
今回は、「メオ・カミュゼ」の「ニュイ・サン・ジョルジュ」を代表する二つの銘柄をご紹介致します。まず一つ目は「オー・ブード」。
「ニュイ・サン・ジョルジュ」の銘醸畑「レ・ダモード」のすぐ隣に位置し、「ヴォーヌ・ロマネ」の一級畑「オー・マルコンソール」とも地続き。「メオ・カミュゼ」が所有する約0.5haの区画には、平均樹齢55年のブドウ樹が植わっており、「ニュイ・サン・ジョルジュ」の中では比較的柔らかい印象のワインが生み出されています。赤系ベリーの果実の香りが鮮やかで、強く優しいミネラルのエレガントな印象は「ヴォーヌ・ロマネ」に近いイメージです。かなりの熟成ポテンシャルが感じられます。
もう一つは、「オー・ミュルジェ」。
「オー・ブード」と地理的には同一線上にあり、土壌も変わらないのですが、不思議と出来上がるワインは全くの別物。「ヴォーヌ・ロマネ」の影響はなぜか薄らぎ、模範的な「ニュイ・サン・ジョルジュ」に近いようです。ベリー系果実の香りが強く、そこに腐葉土や石、甘いキャラメルのようなニュアンスや動物を思わせる匂いが絡み合った非常に複雑な香りを持っています。粘性はやや強くオイリーな印象は「ニュイ・サン・ジョルジュ」ならではです。
まさに、「ブルゴーニュ」を代表する作り手の「ドメーヌ」ものです。現在、ワイン愛好家の標的の一つとされ、なかなかお目にかかることも本当に少なくなりました。このチャンスに是非、ご堪能下さいませ!!。

(2019.10.01[TUE])

「 今月のおすすめワイン 」

ドゥニ・モルテ-1

★9月のお勧めボトルワイン

GEVREY CHAMBERTIN.Mes Cinq Terroirs'13 (Denis Mortet) \18,000
ジュヴレィ シャンベルタン メ サンク テロワール (ドゥニ モルテ)

「ドメーヌ・ドニ・モルテ」の起源は、“シャルル・モルテ”氏が、手に入れた1haの土地でワイン造りを始めた1956年まで遡ります。1993年、当時の当主であった“ドニ・モルテ”氏が父、“シャルル・モルテ”氏から畑を受け継ぎドメーヌが誕生しました。彼は父の元で17歳から手ほどきを受け、あの「ブルゴーニュ」の神様、“アンリ・ジャイエ”からワイン造りを教わったことでも有名です。そんな「ドニ・モルテ」のワインは、ドメーヌを始めると同時に称賛を集め、“ロバート・パーカー”氏からは、『 「ジュヴレ・シャンベルタン」のスターになり得る』と絶賛され、「ル・クラスマン」では、「ロマネ・コンティ」、「ルロワ」と並び、3つ星生産者の常連として名を連ね、後の「ブルゴーニュ」ワインの一角を担う存在として期待されてきました。しかし、2006年、“ドニ・モルテ”氏は、突然自らの命を断ってしまいます。天才と言われた彼のショッキングな死は、「ブルゴーニュ」のワイン関係者や愛好家に大きな衝撃を与えました。そんな中、ドメーヌを引き継いだのは、当時はまだ20代後半だった息子の“アルノー”氏。彼は1997年からドメーヌを手伝い始め、その後も「メオ=カミュゼ」や「ルフレーヴ」、さらにオーストラリアなどで研修を積んでおり、父に勝るとも劣らぬ実力です。
現在、母“ローランス”、祖父“シャルル”と共に、丁寧な畑仕事と自然なワイン造りに取り組んでいます。「ドニ・モルテ」が所有する畑は、グラン・クリュの「シャンベルタン」、「クロ・ド・ヴージョ」の他、5つのプルミエ・クリュを含んでおり、2014年からは分益農法の形で「マジ・シャンベルタン」と「ボンヌ・マール」が新たにラインナップに加わりました。「テロワールを表現するのはブドウが全て」という信念の下、化学肥料などは用いず、一貫して有機栽培でブドウを育てています。ヘクタール当たり1万本という高い植樹率、村名でも20年〜50年、一部は80年を超える高い樹齢、ワインに苦味、青臭さが付くことを避けるための100%除梗を行うなど、独自のこだわりを持ったワイン造りを行っています。
「あまり強すぎるワインよりも、ブドウのポテンシャルを最大限に引き出しつつも、エレガントでテロワールに忠実なワインを造りたい」
と、“アルノー”氏が言うように、ブドウの良さがきちんと表現された、繊細かつ優雅で凝縮感に溢れたワインが造られます。父“ドニ”氏の時代に比べると、滑らかさとエレガントさが増しており、「ジュヴレ・シャンベルタン」とは思えないほどの繊細な雰囲気が特徴です。
今月ご紹介の「メ・サンク・テロワール」は「私の5つのテロワール」という意味を持ち、村名ワインとヴィエイユ・ヴィーニュ、「アン・シャン」を統合したスペシャルキュヴェ。今までは若い樹齢の樹のブドウを古樹のブドウと区別するために、村名ワインとヴィエイユ・ヴィーニュをリリースしてきました。しかしここで“アルノー”氏は大きな決断をし、若かった樹も古樹のブドウと同程度の高品質になったと判断したため、以前造っていた「メ・サンク・テロワール」のラベルを2005年以来復活させ、すべてをブレンドしたスペシャルな1本を造りました。「ドニ・モルテ」のスタイルが存分に堪能できる、しなやかなタンニンと綺麗な酸が見事に調和した、美しい1本です。是非、ご堪能下さいませ!!。


(2019.9.01[SUN])

「 今月のおすすめワイン 」

バロン ド エル

★8月のお勧めボトルワイン

POUILLY FUME. BARON DE L (Ladoucette) '15 \ 23,000
プイイ フュメ バロン ド エル (ラドゥセット)

1787年、「ラドゥセット」の先祖でフランス銀行頭取であった“ラフォン”伯爵が、“ルイ15世”の内縁の娘より「シャトー・ノゼ」と呼ばれる優美な城を取り囲む250haの畑を譲り受けました。
その後、1805年に“ラドゥセット”家が引き継ぎ、1972年、弱冠21歳でシャトーの経営を任された現当主“パトリック・ドゥ・ラドゥセット”男爵。そして、1973年にフランスのトップクラスの白ワインの仲間入りを狙ってリリースしたものが「Baron de L」です。
現在は「プイィ・フュメ」において最も高台で最上と言われる「サン・タンドラン」地区を中心に100ha以上の自社畑を所有し、現在ではロワール地方最大の造り手で、「プイィ・フュメ」の半分以上を生産しています。
“ラドゥセット”男爵は、決して樽による醸造は行わず、ブドウ本来のアロマを生かしたワイン造りこそがソーヴィニヨン・ブラン種の特徴を最大限に引き出せると考え、根本的な醸造の近代化を図りました。
200年以上、品質至上主義を貫いてきた超正統派老舗生産者として知られ、他の追随を許さないその姿勢はそのままワインの味わいに表れています。
「プイィ・フュメ」の畑の歴史は古く、ガロ・ローマ時代からあり、中世のベネディクト修道会に属するようになってから白ワインの銘醸地として名声を博します。
ソーヴィニョン・ブラン種100%で造られた白ワインは、一般的にはフレッシュで火打石の風味や特有の青草を感じさせるものが多く品のある大人しいワインが造られています。他の「ロワール」ワインとは一線を画す、唯一無二の「プイィ・フュメ」。「ル・デゼール」と呼ばれる、「プイィ・フュメ」中で最も立地条件の良い場所で出来るブドウを使用します。その畑の中でも、樹齢40年以上(中には80年以上も!)のブドウのみを収穫し、秀作年しか造られないという貴重なワインです!
色調は以外と淡いレモンイエロー、白い花や果実香、蜜の香り、ミント香がつぎつぎと立ち上がってきます。エレガントなのに、力強さとの調和が素晴らしく、まさに「芳醇さ」という言葉がうまくあてはまります。時間とともにオレンジピールや洋梨の熟した果実の甘やかな香りも表れ、爽やかさだけでなく分厚い果実味を感じます。間違いなく、ソーヴィニヨン・ブラン種の最高峰の一つのワインです。その上、2010年に続くビッグ・ヴィンテージの2015年と聞けば、否応なしに至福のワインと想像できますね。是非、ご堪能下さいませ!!。

(2019.08.01[THU])

「 今月のおすすめワイン 」

リッジ

★7月のお勧めボトルワイン

RIDGE VINYARD MONTE BELLO CHARDONNAY '13(SANTA CRUZ MOUNTAINS) \ 28,000
リッジ ヴィンヤード モンテベロ シャルドネ (サンタ クルーズ マウンテン)

「リッジ・ヴィンヤーズ」は、米国「カリフォルニア」州を代表する名門ワイナリーで、1986年に「大塚製薬」株式会社が取得しました。その名声は米国内のみならずヨーロッパにも轟いており、世界最高峰のワインを安定的に産み出す醸造所として、絶え間ない賞賛を浴び続けています。
ワイン造りのアプローチは、伝統的な手法を重視し、ブドウ栽培、ワイン醸造の両面において極力自然なプロセスを導いてやるというものです。不世出の天才醸造家にして「リッジ」の象徴でもある総帥“ポール・ドレーパー”氏は、40年以上にもわたって、極めてバランスに優れ、長い寿命を持つ卓越したワインを造り続けてきました。「リッジ」は、単一畑が持つ「その土地らしさ」の表現にも、創立以来一貫してこだわり続けており、ワインのほとんどに単一畑名が冠されています。
「リッジ」が手掛けるワインに用いられるブドウは、カベルネ・ソーヴィニョン種のほか「ボルドー」原産の黒ブドウ数種と、アメリカを象徴する黒ブドウのジンファンデル種、そして白ワインの女王シャルドネ種など。ワイナリーは2箇所、「サンフランシスコ」の南、「シリコン・ヴァレー」近くの「サンタ・クルーズ」山脈中と、「サンフランシスコ」の北、ジンファンデル種の本場「ソノマ」郡にあります
トップキュヴェの「モンテベロ」の畑には、わずかな量ですがシャルドネ種も植わっており、そこから二種類のワインが造られています。今回ご紹介の優れた年にのみ造られる白のフラッグシップ、「モンテベロ・シャルドネ」と毎年生産される「エステート・シャルドネ」です。「リッジ」の造る白ワインはこのシャルドネ種のみで、全体生産量の数%を占めるにすぎないのですが、世界中で高い評価を受けています。「モンテベロ」の冷涼な気候と石灰岩土壌(ブルゴーニュと同じ)を考えれば、ここで偉大なシャルドネ種が生まれないはずはないのです。
色調は「カリフォルニア」ワインらしい、まさに太陽の恵みを凝縮したような黄金色。香りはパインのようなトロピカルフルーツ、グレープフルーツのような柑橘、コーンや小麦を思わせる香ばしさや蜂蜜のような甘いイメージ。ミルキーな要素が感じられ、特に、チーズ様の塩気を帯びたまろやかな香り立ちがあります。複雑でまろやかさと硬質感が混在し、「カリフォルニア」ワインにありがちな甘くてトロピカルな印象から1歩進んだ、「奥行き」が香りの段階から感じられます。味わいは、アプリコットや洋梨、パイナップルにドライイチジクや濡れた石のニュアンス。粘性のある質感からしっかりした酸味を感じアプリコットや柑橘類の花の風味にミネラルの風味が凝縮した雄大なスケールの「カリフォルニア」ワインです。
「リッジ」のワインはかねてから、ホワイトハウスの晩餐会でよく用いられてきました。世界の首脳や国賓を相手に繰り広げられる「美食外交」の場において、アメリカが世界に誇る逸品としてその存在を誇示するのです。最近の例では2016年10月に、“オバマ”大統領がイタリアの“マッテオ・レンツィ”首相をホワイトハウスに迎えた任期中最後の公式晩さん会で、メインディッシュの炭焼きテンダーロインに合わせて「ジンファンデル・イースト・ベンチ2014年」が饗されています。2013年6月に、中国の習近平国家主席を“オバマ”大統領が迎えた晩餐会の席においては、メインディッシュのポーターハウスステーキに「ガイザーヴィル2008年」が合わせられました。日本が絡む近年の例としては、2006年6月、当時の“小泉”首相を“ブッシュ”大統領が歓待したホワイトハウス晩餐会があげられます。この時には「リットン・スプリングス2004年」が、メインディッシュの神戸牛に合わせて出されたようです。
“ポール・ドレーパー”氏は2016年で現役を引退されましたので、最後に関わったワインとしても興味深い一本です、今年もリッチな白ワインで「美食外交」を催されては如何でしょうか。是非、お待ちしております!!。

(2019.07.01[MON])

「 今月のおすすめワイン 」

ピュリニー・モンラッシェ

★6月のお勧めボトルワイン

PULIGNY MONTRACHET '09 (Louis Callion) \20,000
ピュリニー モンラッシェ (ルイ カリヨン)

「ルイ・カリヨン」は1632年設立と古い歴史を持つ由緒正しいドメーヌです。「ピュリニー・モンラッシェ」村にグラン・クリュの「ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ」及びプルミエ・クリュの「レ・コンベット」、「ル・シャン・カネ」、「レ・ペリエール」、「レ・シャン・ガン」、「レ・ルフェール」と多数の素晴らしい畑を所有、そして出色のワインを生産しています。
長い歴史のなかで常に高い品質を維持し続けてきた「ルイ・カリヨン」のワイン。収穫を終えた秋と春に畑を2回鋤き返し表土付近の根を切って、中心となる根が地中深くに届くように導きます。また極力薬剤の使用を避け、基本的にはボルドー液だけで害虫に対処します。このような人の手による丁寧な作業によって、樹齢40〜50年ともなる高樹齢の樹を良好に保つことができるのです。
グラン・クリュとプルミエ・クリュはすべて小樽で熟成されます。熟成期間はおよそ1年。プルミエ・クリュの新樽率は高くても20%程度に抑えています。清澄、2回濾過した後に瓶詰めされます。
今回ご紹介の「ピュリニィ・モンラッシェ」村の白ワインは石灰質の比率が高く、ミネラルと酸味のレベルは「ブルゴーニュ」随一。2009年は「ブルゴーニュ」の生産者の誰もが満面の笑みをたたえたほどのグレートヴィンテージです。色調は濃く黄金色に近い、柑橘系を感じさせる「ピュリニィ・モンラッシェ」村らしいキレのある味わいながら、2009年を象徴させる豊満で愛想のよい果実味、リンゴ蜜のような、も感じ取ることが出来ます。
ワイン造りには、あの「ルフレーブ」と肩を並べるとまで称賛する評論家もいるほどで、有名な「ル・クラスモン」では、「コント・ラフォン」や「エティエンヌ・ソゼ」と並んで“3つ星中2つ星”を獲得しています。
「ピュリニー・モンラッシェ」村を代表する作り手「ルイ・カリヨン」、時節的にもぴったりなワインでございます、是非、この機会にご賞味くださいませ!!!。 

(2019.6.01[SAT])

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR