FC2ブログ

鶉言

プロフィール

メゾンドヴァン鶉亭

Author:メゾンドヴァン鶉亭
京都鴨川のワインダイニングです

最新記事
カテゴリ

「 今月のおすすめワイン 」

ボーヌ・グレーヴ(今月のおすすめワイン)

★12月のお勧めボトルワイン

BEAUNE.Greves '10 (De Montille) \20,000
ボーヌ グレーヴ (ド モンティーユ)

「ヴォルネ」村の「ドメーヌ・ド・モンティーユ」といえば、古典的ワインの銘醸家として名の知れたドメーヌです。映画「モンドヴィーノ」でも主役級で取り上げられたので、ご記憶の方も多いに違いありません。
先代の“ユベール”は「ディジョン」での弁護士が本業。というのも1947年にドメーヌを相続した時、ブドウ畑の面積はわずか3haしかなかったのです。
その後、息子の“エティエンヌ”とともにブドウ畑を拡張し、1990年代には7haを超えるまでに広がりましりました。この“エティエンヌ”も「パリ」の「クーパース&ライブランド(現プライスウォーターハウス・クーパース)」の会計士として働いていましたが、2001年に「ブルゴーニュ」に戻り、「シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ」の経営に就くと同時に、「ドメーヌ・ド・モンティーユ」の当主となりました。もっとも“エティエンヌ”自身は1983年からドメーヌのワイン造りに関与しており、1995年には実質的にドメーヌの主導権を握り、ブドウ栽培をビオロジックへと転換したのです。“エティエンヌ”がフルタイムで経営にあたるようになってからというもの、ドメーヌの版図拡大は凄まじい。1993年にはすでに、「ピュリニー・モンラッシェ」村1級「カイユレ」を「ジャン・シャルトロン」から買い取っていましたが、2004年に「ボーヌ」村1級「エーグロ(白)」、特級「コルトン・クロ・デュ・ロワ」、「コルトン・シャルルマーニュ」を入手。
2005年に「ドメーヌ・デュジャック」と共同で「トマ・モワイヤール」を買収し、「コート・ド・ニュイ」にも進出しました。この時に「ヴォーヌ・ロマネ」村1級「マルコンソール」、「ニュイ・サン・ジョルジュ」村1級「オー・トレ」、特級「クロ・ド・ヴージョ」をラインナップに加えています。さらに2012年、“エティエンヌ”が経営を任されていた「シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ」をオーナーの金融機関から買い取りました。ただし、シャトーが所有していた特級「モンラッシェ」と「バタール・モンラッシェ」は、この買収に協力した「シャトー・ラトゥール」の“フランソワ・ピノー”に譲り、彼の「ドメーヌ・ドゥージェニー」に加わることとなりました。
早いうちから飲めるワインが主流となりつつある昨今の「ブルゴーニュ」の中で、長期熟成に耐える正統派の造りを貫徹しています。出荷直後でも美味しく飲めますが、やはり10年以上、時には20年30年と熟成を経てからその真価を発揮するワインを造ります。
ワイン造りは1970-1980年代とほとんど変わっていませんが、栽培においては比較的変化が目立ちます。もともと除草剤は使用したことがなく鋤き入れで対応してきたといいますが、『高品質のワインは高品質のブドウからしか出来ない。そのためには周囲と調和した、生きている土壌が必要だ。土壌は単なる樹を地下で支える物質ではない』として、1991年にはリュット・レゾネを採用、1997年から有機へとよりナチュラルな栽培に変更し、さらに近年ヴィオディナミに移行しています。
今回ご紹介の「ボーヌ・レ・グレーヴ2010年」は、万人が認める「ボーヌ」村最高の1級畑。 「ボーヌ」村に、グラン・クリュはありませんが、プルミエ・クリュを36も保有しており、「ボーヌ」村の西方の緩やかな勾配を覆う北側部分のプルミエ・クリュの畑で、面積は「ボーヌ」村の中で最大です。砂利の混ざった土壌で、“graves(グラ―ヴ:砂礫の一種)”から派生していると考えられます7。並外れた繊細さを持った規格外のワインで、ドメーヌではこれを“特級ワインの親しい友達”として“グラン・プルミエ クリュ”と位置付けています。サクランボや木苺の柔らかな香りやプラム、土、鉄や森の下生えの香りを示す、混じり気のない、エアリーな香り。かすかにスモーキーな個性をもち、まろやかで、しなやか、そして堅固で素晴らしい凝縮感のあるミディアムボディのフレーバーで、非常に上品な深みがあり、バランスのとれた長い余韻です。モンティーユは、ブルゴーニュの真髄ともいえる、人を魅了してやまない、素晴らしい香味をもった長期熟成型のワインでございます。
是非、ご堪能下さいませ!!。

(2012.12.01[SUN])

「 今月のおすすめワイン 」

モレ・サン・ドニ

★11月のお勧めボトルワイン

MOREY ST-DENIS. Les Faconnieres '05 (Lignier Michlot) \25,000
モレ サン ドニ レ ファコニエール (リニエ ミシュロ)

ドメーヌの当主は、1970年生まれの“ヴィルジル・リニエ”。“ヴィルジル”の祖父が1920年代に畑を開墾して以来、ブドウ栽培家としてネゴシアンにブドウを売っていましたが、父親の代の1974年に「アン・ラ・リュ・ド・ヴェルジィ」の畑を購入してドメーヌとしてワイン造りもスタート。現在では約4万5千本(ネゴシアン『ヴィルジル・リニエ』も含む)を瓶詰しています。ちなみに「モレ」村にある『リニエ(Lignier)』の名前がつく所は“ユベール・リニエ”をはじめ全て親戚関係にあります。
“ヴィルジル”は1990年からドメーヌの仕事に携わっており、2000年に父親から完全に当主を引き継いだのと同時に、ブドウ栽培をリュット・レゾネ(減農薬栽培)に切り替え、段階的に有機農法に移行し、何よりも畑での仕事に時間を割いてきました。非常に真面目な性格の持ち主で、常に試行錯誤しながら経験を積み重ねてきたことによって、2003年ヴィンテージ頃から安定して彼の思い通りのワイン造りが出来るようになりました。
父親の時代のワインはヴァン・ド・ガルド(長熟ワイン)タイプの、固く、タンニンの強い、10年~15年経って飲むものでしたが、“ヴィルジル”はミディアムタイプで、瓶詰後最初の5年間の美しさを大切にし、早くからでも飲めるスタイルのワインを造ることを心がけている。更によりエレガントなスタイルを求め、2006年よりデュジャックやDRCと同じく一部除梗せず全房発酵を取り入れています。
“ヴィルジル”は“ロベール・グロフィエ”、“ダヴィッド・デュヴァン”等と親交が深く、頻繁に集まっては意見交換を行い、更なる品質向上の為に日々努力しています。その仲間の1人、「デュジャック」の醸造担当“アレックス・セイス”は彼の実力を認める一人です。「ル・クラッスマン」2007年度版では、ブルゴーニュ全体でも5軒しかない「Nouveaudomaine et Domaine asuivre(初掲載かつ注目すべき生産者)」として紹介されており、2009年度版では、「デュジャック」、「フレデリック・マニャン」等に並ぶ1ツ星評価を獲得しました。
栽培方法として、ブドウ栽培にはリュット・レゾネ(減農薬栽培)を採用。段階的にビオへと切り替え、2010年より完全有機農法となりました。平均樹齢は60年以上、単位収穫量は通常、40~45hl/ha。手作業で収穫後、セラーに運ばれたブドウには選果台で2段階の選果(1段目では悪いブドウを取り除き、2段目では全房発酵用の茎まで熟した房をより分ける)が行われる。低温浸漬後、発酵を行い、抽出しすぎないように発酵温度や味わいを適宜チェックしながらピジャージュをする。熟成は樽にて約14ヶ月・新樽30%。澱引き後は無清澄、無ろ過で瓶詰されます。
特級畑「クロ・ド・ラ・ロッシュ」のすぐ下に位置し、“ヴィルジル”の祖父の代に小さな実をつける株をセレクション・マサルで植樹したため、毎年エキスが凝縮した粒の小さなブドウが得られる。口いっぱいに広がるボリューム、熟した果実、とろけるタンニン、深みのある『甘美さ』を堪能したい珠玉の一本です。
是非、ご堪能下さいませ!!。

(2019.11.01[FRI])

「 今月のおすすめワイン 」

メオ・カミュゼ

★10月のお勧めボトルワイン

NUITS ST GEORGES.Aux Boudots '13 (Meo Camuzet) \35,000
ニュイ サン ジョルジュ オー ブード (メオ カミュゼ)

NUITS ST GEORGES. Aux Murges '13 (Meo Camuzet) \35,000
ニュイ サン ジョルジュ オー ミュルジェ (メオ カミュゼ)

「メオ・カミュゼ」の歴史は、1900年代初頭、「ヴォーヌ・ロマネ」村の生産者であり「コート・ドール」県議会議員でもあった、“エチエンヌ・カミュゼ”氏から始まりました。 このドメーヌの特徴は何と言ってもその特級畑の質と量。「ヴージョ」村と「ヴォーヌ・ロマネ」村を中心に「クロ・ド・ヴージョ」、「リシュブール」、「エシェゾー」、「コルトン」という4つのグラン・クリュ、6つのプルミエ・クリュを所有する「ブルゴーニュ」屈指の名門ファミリーです。
「メオ・カミュゼ」は、ワインの神様と呼ばれている“アンリ・ジャイエ”氏がコンサルタントを務めていたことでも有名。1989年から醸造を担当する“ジャン=ニコラ・メオ”氏は“アンリ・ジャイエ”氏に直接指導を受けた数少ない人物のひとりで、その指導のおかげで、風味の深さや果実味のインパクト等、「メオ・カミュゼ」の酒質は向上しました。現在も、“ジャン=ニコラ・メオ”氏が経営を行い、畑の仕事は、以前から小作人として働いていた“クリスチャン・フロワ”氏がこれまでの経験を活かしたアドバイスをしながら行っています。
収穫は全て手摘み。これまで“アンリ・ジャイエ”氏の醸造法に倣い、100%除梗を行っていましたが、2004年から全房発酵を試験的に導入。2011年以降、「エシェゾー グラン・クリュ レ・ルージュ・デュ・バ」、「ヴォーヌ・ロマネ」の1級畑、「オー・クロ・パラントゥ」、「ニュイ・サン・ジョルジュ」の「オー・ブード」には全房発酵したワインが、約15%ずつ含まれています。その結果、造りだされるワインは、これまでの果実味重視のスタイルから、より複雑味を備えエレガントなスタイルへと変化しつつあります。新樽の使用については、グラン・クリュとプルミエ・クリュは100%、その他のワインは約50%にて18ヵ月熟成。その後、ノンフィルターで瓶詰されます。
今回は、「メオ・カミュゼ」の「ニュイ・サン・ジョルジュ」を代表する二つの銘柄をご紹介致します。まず一つ目は「オー・ブード」。
「ニュイ・サン・ジョルジュ」の銘醸畑「レ・ダモード」のすぐ隣に位置し、「ヴォーヌ・ロマネ」の一級畑「オー・マルコンソール」とも地続き。「メオ・カミュゼ」が所有する約0.5haの区画には、平均樹齢55年のブドウ樹が植わっており、「ニュイ・サン・ジョルジュ」の中では比較的柔らかい印象のワインが生み出されています。赤系ベリーの果実の香りが鮮やかで、強く優しいミネラルのエレガントな印象は「ヴォーヌ・ロマネ」に近いイメージです。かなりの熟成ポテンシャルが感じられます。
もう一つは、「オー・ミュルジェ」。
「オー・ブード」と地理的には同一線上にあり、土壌も変わらないのですが、不思議と出来上がるワインは全くの別物。「ヴォーヌ・ロマネ」の影響はなぜか薄らぎ、模範的な「ニュイ・サン・ジョルジュ」に近いようです。ベリー系果実の香りが強く、そこに腐葉土や石、甘いキャラメルのようなニュアンスや動物を思わせる匂いが絡み合った非常に複雑な香りを持っています。粘性はやや強くオイリーな印象は「ニュイ・サン・ジョルジュ」ならではです。
まさに、「ブルゴーニュ」を代表する作り手の「ドメーヌ」ものです。現在、ワイン愛好家の標的の一つとされ、なかなかお目にかかることも本当に少なくなりました。このチャンスに是非、ご堪能下さいませ!!。

(2019.10.01[TUE])

「 今月のおすすめワイン 」

ドゥニ・モルテ-1

★9月のお勧めボトルワイン

GEVREY CHAMBERTIN.Mes Cinq Terroirs'13 (Denis Mortet) \18,000
ジュヴレィ シャンベルタン メ サンク テロワール (ドゥニ モルテ)

「ドメーヌ・ドニ・モルテ」の起源は、“シャルル・モルテ”氏が、手に入れた1haの土地でワイン造りを始めた1956年まで遡ります。1993年、当時の当主であった“ドニ・モルテ”氏が父、“シャルル・モルテ”氏から畑を受け継ぎドメーヌが誕生しました。彼は父の元で17歳から手ほどきを受け、あの「ブルゴーニュ」の神様、“アンリ・ジャイエ”からワイン造りを教わったことでも有名です。そんな「ドニ・モルテ」のワインは、ドメーヌを始めると同時に称賛を集め、“ロバート・パーカー”氏からは、『 「ジュヴレ・シャンベルタン」のスターになり得る』と絶賛され、「ル・クラスマン」では、「ロマネ・コンティ」、「ルロワ」と並び、3つ星生産者の常連として名を連ね、後の「ブルゴーニュ」ワインの一角を担う存在として期待されてきました。しかし、2006年、“ドニ・モルテ”氏は、突然自らの命を断ってしまいます。天才と言われた彼のショッキングな死は、「ブルゴーニュ」のワイン関係者や愛好家に大きな衝撃を与えました。そんな中、ドメーヌを引き継いだのは、当時はまだ20代後半だった息子の“アルノー”氏。彼は1997年からドメーヌを手伝い始め、その後も「メオ=カミュゼ」や「ルフレーヴ」、さらにオーストラリアなどで研修を積んでおり、父に勝るとも劣らぬ実力です。
現在、母“ローランス”、祖父“シャルル”と共に、丁寧な畑仕事と自然なワイン造りに取り組んでいます。「ドニ・モルテ」が所有する畑は、グラン・クリュの「シャンベルタン」、「クロ・ド・ヴージョ」の他、5つのプルミエ・クリュを含んでおり、2014年からは分益農法の形で「マジ・シャンベルタン」と「ボンヌ・マール」が新たにラインナップに加わりました。「テロワールを表現するのはブドウが全て」という信念の下、化学肥料などは用いず、一貫して有機栽培でブドウを育てています。ヘクタール当たり1万本という高い植樹率、村名でも20年〜50年、一部は80年を超える高い樹齢、ワインに苦味、青臭さが付くことを避けるための100%除梗を行うなど、独自のこだわりを持ったワイン造りを行っています。
「あまり強すぎるワインよりも、ブドウのポテンシャルを最大限に引き出しつつも、エレガントでテロワールに忠実なワインを造りたい」
と、“アルノー”氏が言うように、ブドウの良さがきちんと表現された、繊細かつ優雅で凝縮感に溢れたワインが造られます。父“ドニ”氏の時代に比べると、滑らかさとエレガントさが増しており、「ジュヴレ・シャンベルタン」とは思えないほどの繊細な雰囲気が特徴です。
今月ご紹介の「メ・サンク・テロワール」は「私の5つのテロワール」という意味を持ち、村名ワインとヴィエイユ・ヴィーニュ、「アン・シャン」を統合したスペシャルキュヴェ。今までは若い樹齢の樹のブドウを古樹のブドウと区別するために、村名ワインとヴィエイユ・ヴィーニュをリリースしてきました。しかしここで“アルノー”氏は大きな決断をし、若かった樹も古樹のブドウと同程度の高品質になったと判断したため、以前造っていた「メ・サンク・テロワール」のラベルを2005年以来復活させ、すべてをブレンドしたスペシャルな1本を造りました。「ドニ・モルテ」のスタイルが存分に堪能できる、しなやかなタンニンと綺麗な酸が見事に調和した、美しい1本です。是非、ご堪能下さいませ!!。


(2019.9.01[SUN])

「 今月のおすすめワイン 」

バロン ド エル

★8月のお勧めボトルワイン

POUILLY FUME. BARON DE L (Ladoucette) '15 \ 23,000
プイイ フュメ バロン ド エル (ラドゥセット)

1787年、「ラドゥセット」の先祖でフランス銀行頭取であった“ラフォン”伯爵が、“ルイ15世”の内縁の娘より「シャトー・ノゼ」と呼ばれる優美な城を取り囲む250haの畑を譲り受けました。
その後、1805年に“ラドゥセット”家が引き継ぎ、1972年、弱冠21歳でシャトーの経営を任された現当主“パトリック・ドゥ・ラドゥセット”男爵。そして、1973年にフランスのトップクラスの白ワインの仲間入りを狙ってリリースしたものが「Baron de L」です。
現在は「プイィ・フュメ」において最も高台で最上と言われる「サン・タンドラン」地区を中心に100ha以上の自社畑を所有し、現在ではロワール地方最大の造り手で、「プイィ・フュメ」の半分以上を生産しています。
“ラドゥセット”男爵は、決して樽による醸造は行わず、ブドウ本来のアロマを生かしたワイン造りこそがソーヴィニヨン・ブラン種の特徴を最大限に引き出せると考え、根本的な醸造の近代化を図りました。
200年以上、品質至上主義を貫いてきた超正統派老舗生産者として知られ、他の追随を許さないその姿勢はそのままワインの味わいに表れています。
「プイィ・フュメ」の畑の歴史は古く、ガロ・ローマ時代からあり、中世のベネディクト修道会に属するようになってから白ワインの銘醸地として名声を博します。
ソーヴィニョン・ブラン種100%で造られた白ワインは、一般的にはフレッシュで火打石の風味や特有の青草を感じさせるものが多く品のある大人しいワインが造られています。他の「ロワール」ワインとは一線を画す、唯一無二の「プイィ・フュメ」。「ル・デゼール」と呼ばれる、「プイィ・フュメ」中で最も立地条件の良い場所で出来るブドウを使用します。その畑の中でも、樹齢40年以上(中には80年以上も!)のブドウのみを収穫し、秀作年しか造られないという貴重なワインです!
色調は以外と淡いレモンイエロー、白い花や果実香、蜜の香り、ミント香がつぎつぎと立ち上がってきます。エレガントなのに、力強さとの調和が素晴らしく、まさに「芳醇さ」という言葉がうまくあてはまります。時間とともにオレンジピールや洋梨の熟した果実の甘やかな香りも表れ、爽やかさだけでなく分厚い果実味を感じます。間違いなく、ソーヴィニヨン・ブラン種の最高峰の一つのワインです。その上、2010年に続くビッグ・ヴィンテージの2015年と聞けば、否応なしに至福のワインと想像できますね。是非、ご堪能下さいませ!!。

(2019.08.01[THU])

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR